国連演説

トランプ大統領の国連演説。
初めて北朝鮮拉致問題を取り上げていただけた。
北に対する毅然とした姿勢を表明した大統領演説とそれに続く安部総理の北に対する圧力表明。
日米の見事な連携だ。
さすがは頻繁に電話し合う仲だけは有る

これで解散の意図が明確になった。
すなわちこの選挙は政府の北朝鮮に対する覚悟を国民に問う選挙なのだろう。
ひいては憲法改正も争点となる。

ただし消費税は全て福祉に回す、などと増税を争点にするのはいただけない。

民主党時代よりも緊縮財政の現政権は金融緩和という一本足打法でなんとか景気の回復基調が定着しつつあるが財政の出動もなく増税すればまた「失われた20年」に戻る事になるだけだ。

野党は国民がすでに倦んだモリカケを争点にしたいようだし日本経済の実情を考慮せず消費税増税を主張する浅はか振り。

政治は国民の安全を守る事と経済の浮揚。
これに尽きる。

さてこの国連での両国首脳の演説に対する政治家マスコミの反応が楽しみだ。

すなわち誰が親北朝鮮つまりは反日かが明確になるリトマス試験紙になるからだ。

また相手の言い分に妥協するいわゆる「無知な平和主義者」が、歴史的に平和の達成に成功した試しは無いので、「話し合いで解決」を唱える輩も同罪だと考えて差し支えない。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック