筋金入りの左巻きTBS

毎日新聞解説委員の岸井氏は、NEW23でもあの悪名高いサンデーモーニングでも同様の発言をしている。 まあサンモニに関しては他のコメンテータが相当な左巻きなのでむしろ彼が中道に見えるくらいだがww 下のTBSの見解を見ると「懲りないなあ」とため息が出た。 TBS、「NEWS23」めぐる公開質問に回答 「公…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

歴史にIFは無いが

現在の傲慢な中国、世界に迷惑をばらまいている中国に手を貸したのは日本だ。 まずが田中首相時代からスタートし福田赳夫総理時代に締結された日中有効平和条約。 そこから始まる莫大なODA供与。 この日本の供与したODAおよび日本の技術協力産業協力等により「眠れる獅子」中国の驚異的な経済成長がスタートする。 この時僕は中…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

消費税

消費税増税でドタバタしてる。 公明党が無理難題。 だいたい軽減税率て。どんだけ導入した国が面倒な問題抱えてるかわかってるのか? しかも4千億円がいつの間にか1兆円増えてるし、しかも一晩で。 軽減税率が導入されたら産業界がどれだけ事務処理コストの負担が増えるかも考えず、ただただ(低所得者のため)とか言って結局は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おら、東京さ行っただ。

先週上京した。 サラリーマン時代は出張で毎月一度程度上京してたが、今は全く必要がない。 一年置き程度に同業者の集まりで行く程度だ。 で先週一泊二日で上京した。 と行ってもリーマン時代のように、朝イチの飛行機で行って、帰りは最終便といった鬼のようなスケジュールではなく、午前11時に空港集合。 帰りも羽田発13…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

爆弾娘の菊池が無罪???????

「走る爆弾娘、と呼ばれた菊池直子が無罪! オウム菊地元信者逆転無罪 裁判員裁判の根底揺るがす 産経新聞 11月28日(土)7時55分配信  菊地直子元信者の裁判で最大の焦点となったのは、菊地元信者に「テロ行為を手助けする認識」があったかどうかだ。こうした認識を裏付ける直接証拠はなく、検察側は状況証拠や証言の積…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

エキスポシティ開業

大阪万博会場跡地に複合施設のエキスポシティが開業したらしい。 こちらでは勿論全く報道されていないので分からないが、大阪万国博会場と聞くと僕は反応せずにはいられないのだ。 なぜか? 1970年の万国博会場で当時20歳の僕はアルバイトをしていたからだ。 職場は万博会場のど真ん中。 万博のシンボル…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

パリ同時多発テロとTBSサンデーモーニング

あまりにショッキングなニュースで、なかなかこの話題を取り上げる気にならなかった。 ニュースには大きく取り上げてはいないものの、トルコやレバノンでもISによるテロで多くの人々が亡くなっている。 パリのフランス人の命の方がトルコやレバノン人のそれよりも価値が高いのか? と悲憤慷慨する、または皮肉を込めて報道を批…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ここまで行くと逆に清々しいわ。

自民党にも飛び抜けたアホの野田聖子という議員がいるが、流石に共産党は違う。 共産・志位委員長「中国、北朝鮮にリアルな危険ない」  共産党の志位和夫委員長は7日のテレビ東京番組で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮と南シナ海で軍事的挑発を続ける中国について「北朝鮮、中国にリアルの危険があるのではなく、実際の危険は中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台湾統治に関して  お詫びと訂正

先日、台湾は一度も「中国」から支配されたことはない、と書いた。 しかしその後調べてみると、さまざまな国から「支配」されていたことが判明した。 つまり先日のあのわかりやすい動画には誤謬があったということになる。 それでは実際はどうだったのか。 17世紀前半にオランダが台湾に到達した。次にスペインが進…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

七五三で考えた。

孫の七五三。 大宰府天満宮で行いますた。 なぜか?  上の子が三つの時に行ったのは、とってもローカルな飯盛神社ってとこで、参拝客が初参りとか七五三とか厄払いとか、目的のある人ばかりで一般の参拝客がほとんどいないってところだからなんすよ。 せっかく気合入れて髪結ったり着付けしたりしたのに、親族からしか見てもらえないっ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「張子の虎」中国人民軍、「砂上の楼閣」中国経済、「裸の王様」習近平国家主席

米中首脳会談後の記者会見。 オバマ大統領は首脳会談で、東シナ海や南シナ海における安全保障情勢、特に人工島建設に懸念を示したことを、共同記者会見で明らかにした。 それに対し習近平氏は中国外交部報道官と同じように 「南シナ海島嶼は中国古来の領土であり、中国は合法、正当な海洋権益を持っている」 と突っぱねた。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコ大使館前乱闘事件と難民問題

先日東京渋谷のトルコ大使館前で、在日トルコ人とクルド系トルコ人との乱闘事件がありましたね。 国家を持たない最大の民族クルド人の話は置いといて、これはとてもむつかしい問題だと思います。 いえ、むつかしいのは民族対立とかではなく、このようにちゃんと在留許可をもらって学校に通ったり仕事をして日本で生活している人たちですら、民族対立…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

絵文字の与える社会的影響

|゚Д゚))) アメリカでも日本初の絵文字の使用が若い人中心に進んでいるらしい。 僕なんか、絵文字創成期(?)の14.5年前から気に入っちゃってそれ以来使いまくってる。 子供っぽいと思う人もいるだろうが、めげずに使用している。 一番最初に使用したのは、自宅の庭で開催するBBQのお誘いメール。 ドタキャンはダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーWC

なんか、街中で五郎丸選手の「ルーティン」の真似が流行ってるそうでo(^▽^)o WC予選で3勝したのにベスト8入りしなかったのは初めてらしいですね。 これも南アフリカ戦と同様に伝説になるのでしょう。 南アフリカ戦については、実はいま風邪をひいているせいで、2.3日自宅静養していたのですが、その間にスポーツチャンネル…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鞆の浦

先週福山に転勤した娘の所にチビ達を連れて遊びに行ってみた。 JR福山駅から車で30分ほどのところにある漁港の町鞆の浦を訪ねた。 「鞆の浦」って全く知らなかったし、鞆って感じも読めなかった(恥) なにやら、テレビドラマで有名になったらしい。また映画の「ウルヴァリン」のろけもあったとのことで、うモノそばの売店にヒュージ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

難民と日本

安倍総理の国連での記者会見で、難民受け入れについてのコメントはひど過ぎると世界中のマスコミから叩かれているらしい。 ある記事を紹介 安倍首相「難民受け入れは?」と問われ「女性の活躍、高齢者の活躍が先」 安倍晋三首相は9月30日未明(日本時間)、国連総会の一般討論演説で、シリア・イラク難民の問題について、約8億1000万…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノーベル賞

一昔前は、 「ノーベル賞は随分とってないよねえ・・・」という会話が普通だった。 近頃は「また獲ったよ」というくらいに日本人の受賞が続いている。 もう24人だって。 米国についで二番目の多さらしい。 国からの予算が少ない割にはすごい。 というか、日本の研究環境が情けないからアメリカに行って研究してた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

本気で女性の活躍を望んでいるのか?ソーり!ソーリ!

安倍内閣は「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、すべての女性が輝く社会づくり本部を設置した。 詳しくはhttp://www.kantei.go.jp/jp/headline/women2013.htmlなどで閲覧出来るが、 そもそも安倍内閣の女性に対する意識って、古臭くないかい? いつも閣僚ポストを女性に振り分けよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安保関連法案採決のその後

見苦しい民主党を中心とする野党の抵抗と、国会前の(70年安保に比べるならば 極めて小規模な安保反対のデモが行われる中、安保法制は採決された。 さて、あのアホな若者たちや一部尻馬に乗っかった文化人(坂本龍一や生臭尼僧の瀬戸内某、インテリ面してキャスターなど務めたものの底の浅さが露呈して早々にクビになった「不倫は文化タレント」などの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

VW不正

トヨタを抜いて生産台数トップに立ったフォルクスワーゲン。 一位になった途端こんなことが発覚。 日本の東芝不正会計事件、少し前のオリンパス不正会計事件。 どちらも損失を巧妙に先送りした「粉飾決算」で日本企業の信頼性を貶めた事件でした。 むろん国家全体が「不正」まみれの中国企業は除きますwww アメリカも偉そう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やはり「プロ市民」の若者?

SEALDsの正体探しが今ネットで盛んである。 昔はネットがなかったので、誰も疑問を感じなかったのだが、いまや芸能人であれ、政治家であれ、はたまた商業デザイナーであれ、嘘で表面を固めていてもそのうちにバレる構図になっている。 美人アイドルだと思われていた女の子が、本人の中学時代の卒業アルバムが公開され、そのあまりの違いに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これが民主党のジツリョク

まともな大安を出せぬまま、神学論争と重箱の隅をつつくような質問ばかりで建設的な議論をしてこなかった民主党。 次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の野党3党との修正協議が合意に達したことで採決について「強行採決」というわけにも行かなくなった。 で結局はこんな戦法。 旧社会党なんかもやってましたなあ、「牛歩戦術」。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

安全保障関連法案は憲法違反か?

アホな政治家、若者は憲法違反だから安保法制の成立はさせない、といつまでたっても同じことを繰り返しています。 僕も当初は、じゃあ憲法を先に改正すればいいじゃないか、 と考えもしました。 反対している人は、中国からいきなり侵略行動を起こされても、あくまで憲法を遵守し自衛隊の出動は中国からミサイル攻撃を受けた後になり、 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

喉元すぎれば・・・・・

本日午後から川内原発営業運転。 そら反対派が勢い込んで現地と九州電力本社前で大暴れやろ! って、あれ? 再稼働停止を求め 市民団体申し入れ 九電川内原発1号機 きょう午後営業運転へ 2015年09月10日12時01分 (更新 09月10日 12時07分) 九州電力川内原発のゲート前で1号機の営業運転…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

強行採決

16日にも政府は安全保障関連法案を採決する方針のようです。 これに反発して野党は「断固阻止する!」と息巻いています。 今のところ維新の一部だけが、議会制民主主義に則ってちゃんと採決に参加して反対票を投ずる、と言っていますが、これが正しいあり方です。 しかも彼らはすべて反対しているわけではなく、憲法に抵触する部分があるの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

戦後なんの成長もしていない左翼勢力

左翼の馬鹿さ加減を示している優れた文献がありましたのでコピペしておきます。 なお宮崎哲弥氏の週刊文春のコラム「時々砲弾」でも、優れた論評がシリーズでなされていますのでそちらもぜひお読みいただければと思います。 ━━━━━━━ 戦後左翼の正体 ━━━━━━━    伊勢 雅臣 「安倍に言いたい。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

野田聖子 総裁選出馬断念

当たり前だろ。 さしたる実績もない野田が、仮に推薦人20名をクリアして総裁選にでもなれば、喜ぶのは安保法制に論理的反論ができず感情論でしか対抗できない手詰まり状態の野党だけだ。 しかもその理由も「総裁選で交代する可能性のある内閣の答弁は認められない」として審議を拒否するという情けないもの。 もっとも野田をけしか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

安保法制も原発再稼働も同じだね

ま、テレ朝のアンケートだから実際はどうかわかりませんがね。 安保関連法案について、「今の国会にこだわらず、時間を掛けて審議すべきだ」と考える人が3分の2近くにまで増えたことがANNの世論調査で分かりました。  調査は22日と23日の2日間、行われました。安保関連法案について、「反対」と答えた人は55%と前回の調査から横ばいで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「抗日記念日」??

中国習近平は、とうとう戦後初となる「抗日記念日」とかを開催しましたね。 書いたことがあるかどうか忘れましたが、現在の中華人民共和国は1949年に10月に建国されているんです。 つまり戦後4年経過して建国しているわけですね。 なのに日本に勝利した、って言ってるわけです。 早い話が嘘っぱちなわけです。 日中戦争…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

性犯罪対応の問題点

大阪高槻の事件は最悪な結末で終わりました。 警察の必死の捜査で容疑者が早い段階で逮捕されホッとしました。 今回の事件もやはり防犯カメラが威力を発揮したようです。 「国民監視」と反発する声も聞かれますが、やはり防犯上監視カメラは必要だと思います。 今よりも廉価で且つ高精度の監視カメラがどんどん出てくるでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more