自衛隊機墜落

重病人を転院させるために悪天候の中飛び立って、結局は墜落で四名の自衛隊員全員が死亡。


人助けの為に危険を冒して任務にあたって、全員殉職。

着陸のため降下態勢に入っており、すでに高度900mだったらしい。

計器通りの飛行ででもう一息で着陸という状態で、まったくパイロットの過失はない。

良く言われる、ダウンバーストが起こりやすい地形であったらしい。

なんら異常を示すシグナルも無く、突然レーダーから機影が消えたとのこと。

ほんの一瞬のことだったのだろう。

4名も殉職する墜落死亡事故なのに、マスコミ報道は地味。

三日も経ったらほとんど報道されない。

ましてワイドショーなどほとんど取り上げない。

誰が解れらの結婚のという、どうでもよい芸能情報の方が視聴率が取れるからだろう。


ワイドショーの責任ばかりでは無い。


結局は国民の意識そのものが自衛艦の処遇や待遇、任務について大して興味が無いからだろう。


国民の命を守ることが彼らの仕事ではあるが、あまりに彼らに対する(最近はやりの)リスペクトが足りないのだろう。

彼等にもご家族が有り、小さいお子さんもいるだろう。

それを思うと本当にお気の毒で言葉も無い。

ご冥福をお祈りします。


http://www.news24.jp/articles/2017/05/16/07361669.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かかし
2017年05月19日 03:45
ほんまにお気の毒ですねぇ。
自衛隊が緊急搬送してるの知らない人もいるんじゃないですかね?年間400回ぐらい飛んでるようですが(離島が多い)。さすがに安易な要請はしてないと思いますが、未来ある若い人が亡くなるのはつらいです。

この記事へのトラックバック