いよいよ始まった、反日メディアによる麻生(安倍政権)潰し

麻生発言をめぐって、また例のごとく、発言のほんの一部を取り上げて、曲解した解説を行って世論を誘導しようとする反日勢力が蠢き始めた。

政府は冷静に、麻生氏の発言の全文と発言意図を各国政府及びメディアに丁寧に説明すべきだ。

今回の麻生発言について、もし悪い部分があるとしたなら、彼はナチスムは世界中のすべての人が悪であるということが常識になっている、ということを前提として、その部分を言わば端折って発言していることだ。


特にこのシンポジウムは櫻井さんはじめ、言わば民族派のシンポであるので、この場合は必ず反日メディアが言葉尻を捕らえるべく取材に来ていると考えて、特に慎重に発言をする必要があったかもしれない。
(現実には国会答弁じゃないんだから無理だと思うが)

このシンポには、身内の集まりだと思ってつい本音で話し、すぐに発言を撤回したものの、会議室に入っていたマスコミに書かれて維新の会を辞めざるを得なかった西村慎吾議員も出席していたのだから、
余計に発言には慎重を期するべきだったと思う。


以下、長くなりますが、麻生氏発言全文

僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

 そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

 私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

 しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

 そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

 ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

 靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

 何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。といったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

 僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

 昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。
関連記事



これがナチスを礼賛している文章でしょうか。

むしろ盛り上がる改憲ムードに対し、冷静に対処しようよ、と、言わば護憲的な発言とも取れる発言ですよ。

どう読んでも少なくともまともな日本人なら、ナチスの過ちを繰り返してはいけない、ということを言っていますよね。

今朝の朝ズバでは、僕が過去に何度も馬鹿にしているコメンテーターである、毎日新聞論説委員の与良正男が、

「あの手口って(苦笑)、手口って言葉は麻生さんらしい表現だけど、僕らはこんな言葉は使わないですけどね。
これ呼んだら、ナチスから学べって行ってると考えますよね。

しかも、もう一つ言うと(ここで声がドヤ顔になり、少しおおきな声で、麻生さん間違ってます。
ワイマール憲法からナチス憲法って。ナチス憲法なんて存在しませんから!」

どうです。この人、麻生さんの発言の意味を全くt理解できなんです。

ナチス憲法に変わったというのは比喩的表現だって、これ中学生でも理解できると思いますよ。

中学生並みの国語力も持たない低能でも毎日新聞の論説委員になれるんですが、与良ってこの男です。

画像




なお当然毎日新聞の社説も同じです。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130802k0000m070123000c.html


「何度読み返しても驚くべき発言である。」だって!


その無理にねじ曲げたあんたの説のほうがよっぽど驚くわ。



あ、ついでですが、他の局も新聞も殆ど同じですからね。

元読売新聞社社会部記者の大谷昭宏なんてもっとひどいみたいですから。

このひとなんて従軍慰安婦完全に信じちゃってる人で、今回それまで持ちだしてますよ。どこまで反日?





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ドラ大
2013年08月02日 15:51
慰安婦(あえて従軍という朝日新聞のねつ造語を省く)の問題をでっち上げた朝日新聞をはじめ大マスコミがまた‼
ナチスを麻生が是認したかのような内容の無いふざけたねつ造記事を書いている!
とんぼさんの言うとおり、キチンと発言の全部をとらえて読み進めると、麻生さんの発言には何ら問題が無い。
コレは明らかに言葉尻を捉えて曲解し、自分よがりの理屈をつけただけ。議論の余地すらないと思う。
こんな馬鹿げた報道(誤報)を世界に発信した共同通信や、朝日新聞は責任をどうとるつもりなんだろう?
そして、またぞろ短絡的阿呆思考、および付和雷同的狂気頭の輩がTVでわけ知り顔にのたまう姿はとても見れません‼
幸いというか、多くの国民がこの大恥記事に踊り出してないところがネットで確認できた。
にいな
2013年08月02日 21:44
そんなことだろうと思った。前文の意図を理解せず、問題になるような言葉のみ切り取って、あげあしとり。

朝日新聞なんて捏造記事満載なんだし、そろそろ訴えられるレベルだと思う。なんでもかんでもやりたい放題やってきたけど、最近はネットでいつでも情報が取り出せるし、今時アカヒ読んでるヤツなんて、団塊オヤジと受験生以外にいるの?
朝ズバってみのを筆頭に売国奴ばっかですよね。
とんぼ
2013年08月03日 09:23
まったく、名誉毀損?かなんかで訴えても良いレベル。発端は共同通信らしいけど、共同も時事通信と同じレベルになったのか。
このような言葉狩りを繰り返し言論の自由を自ら放擲するようなマスコミ。僕は民主主義の危機だと思ってます。
とんぼ
2013年08月03日 09:26
にいなさん。僕は団塊親父ですが(笑)与良はずっと後の世代ですよ。もう左翼運動は退潮してたんですがねえ。毎日新聞で出世しようと思うと、左翼思想の上司にこびる必要があったんでしょうね。でないとあんな低脳が論説委員なんて考えられませんよ。
かかし
2013年08月04日 13:23
この話の一番大事なところは、

「私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。」

この部分だと思います。どんな立派な憲法(あるいは情けない憲法)であっても、それは運用する人の手の中にあるということでしょう。実際憲法九条があっても、自衛隊は存在して国になくてはならない存在となっているわけですし。

憲法を改正して変わっても、それを運用する議員、彼らに託する選挙民、法律家などがしっかり考えて行動しないと、憲法の内容にかかわらず、おかしなことは起こる。最先端と言われたワイマール憲法下でさえ、民主的な手続きでヒトラーが生まれたように。とそういうことだと思いますよ。

自民党も麻生さんもそのことをもう一度強調して、この話は終わりで良いと思います。麻生さんがナチスを礼さんすることなどありえないことはわかりきっているわけですから、話をそっちへ持っていこうとするマスコミもちょっと滑稽に思えますね。
とんぼ
2013年08月04日 14:34
マスコミもみっともないが、便乗する共産党(これはしゃーないか、文句言うのが仕事やからな)海江田も一緒になって・・・またブーメランになるからやめとけ、って話ですよ。

この記事へのトラックバック