とんぼのひま人ダイヤリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「内田裕也 俺は最低な奴さ」

<<   作成日時 : 2011/05/14 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ええもう、貴方はご自身の著書のとうり、身をもって私どもに示してくれましたね。


ロックミュージシャンの内田裕也容疑者逮捕 元交際女性を強要未遂容疑
産経新聞 5月13日(金)8時30分配信


 別れ話を持ちかけてきた交際女性を脅して復縁を迫ったなどとして、警視庁原宿署は強要未遂と住居侵入の疑いで、ロックミュージシャンの内田裕也容疑者=本名・内田雄也、東京都渋谷区富ヶ谷=(71)を逮捕した。


なんだか、老人と言える歳になっても、女に執着するというのが、ロックンロールだぜ!なのかも知れません。
死ぬまで恋をするのはそりゃ素敵なことでしょうが、嫌われた女に、嫌がらせしたり半ば脅しで復縁を迫る、というのはちっともロックじゃあありません。

カッコワリーぜ、シェケナベベ! なので有ります。


まあ他の方々は知りませんが、内田裕也をロックミュージシャンだと認識しているヤツは我々の周りには一人もいませんでした。

だいたい 唄、思い切り下手だし

ただ
ロカビーリーの時代から洋楽にのめり込んで、しかもプロデュース能力があったこと、そして計算だかどうだか知りませんが、マスコミの注目を浴びる奇行の数々が「伝説」を作り上げたように思います。

いまじゃロックの生き字引のようにマスコミで持ち上げられてますが、何度も言いますが唄は下手です。
到底ロックのボーカリストとはいえないレベルです。

フラワートラベリンバンドが一時話題を集めたことが有りましたが、そのときはすでに日本語ロックの「はっぴいえんど」が人気を博していましたし、ちょっと遅れて結成された加藤和彦のサディスティックミカバンドの方が人気が高かったように記憶しています。

ですから僕たち世代からすると、「前世代の人」という意識しかないんです。

ちょうど僕たちの世代が、「美空ひばり」になんの感慨も無いのと同じ感覚でしょうか。

ちがうな。美空ひばりはやはり実力抜群だったし

まあ、せっかくアナーキーな老ロッカーという評価があったのに、晩節を汚しましたね。

いや、馬脚を現した、と言うべきかも。




内田裕也 俺は最低な奴さ
白夜書房
内田 裕也

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 内田裕也 俺は最低な奴さ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
音楽プロデューサですよね。そっちの方が能力は高かったようですし、本人も自覚はあったと思います。

今回だけじゃないんでしょうね、きっと。相手さんが訴えてくれて、これで、ちょっとはおとなしくなるだろうと、奥さんは、暴露されてよかったって、腹くくってるようですね。

本人だけ、かっちょ悪すぎるがな。
かかし
2011/05/14 17:09
美空ひばりは、あの顔といい、わざとらしさといい、全然好きじゃないんですが、歌うのを聞いたら、毎回、びっくりするんですよ。あまりにうますぎて、圧倒されてしまいます(笑)。

嫌いなのに(爆)。本当にうまいというのはああいうのを言うんでしょうね。
かかし
2011/05/14 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「内田裕也 俺は最低な奴さ」 とんぼのひま人ダイヤリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる