とんぼのひま人ダイヤリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 再手術

<<   作成日時 : 2017/04/18 13:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

長く放置状態で、もうこのブログに来る人もいなくなっているかもしれません。

実は先般書き込んだ脳の病気ですが、手術後四か月の検査で再発が確認されました。

まあ再発の可能性が高いと言われてはいたので想定内と言えば想定内なのですが、術後一か月のMRIではまったく異常がなかったので高をくくっておりました。


今回の検査終了後には完治させるために開頭手術を、と主治医は言いましたが、その後のカンファレンスで、カテーテルで十分やれそうだということになり、今回も前回同様カテーテル手術となりました。

結論から言えば手術は大成功。


手術時間もカテーテル挿入後処置を終えるまで、なんと40分という短時間。

現在のところ完全に塞栓できたとのことでほっとしています。


ただ、検査入院時、血管造影検査での造影剤のアレルギーで胴体中心にひどい発疹ができ、ひどいことに味覚まで馬鹿になったのです。


痒いわ食欲は無くすわ、いったん退院してから手術のための入院まで2週間ありましたが、その間インフルエンザまで罹患し、さんざんな目にあったのが辛かった。


そして今回の手術では反省も踏まえて、手術前日からステロイド剤を服用し手術に臨んだのです。

今回の手術が短時間で済んだことで造影剤の使用時間が短ったこと(造影剤の種類も検査時とは違った)
発疹が現れて即時軟膏を塗布したことなどが奏功して、本当に軽くて済んだのは幸いでした。



ところが良いことばかりではありませんでした。


あまりに手術が短時間であったため、麻酔の離脱時に、器官挿管していたチューブを抜管した後、麻酔薬というより筋弛緩剤が抜けておらず、医師の

口を開けてください

ゆっくり大きく呼吸してください

などの指示が有っても、まったく口が動かないのです。

とにかく呼吸が出来なくて、

息が苦しいとだけやっと口にできましたが、小刻みに浅い呼吸をして苦しさのあまり右に左に首を振り、本当に死ぬかと思いました。

筋弛緩剤には拮抗薬を即時に入れて貰ったんですが、効果を発揮するまでのタイムラグが有りそれが苦しさの原因であったようです。


10分くらいするとずいぶん楽になってきて、その後HCUに移動、看護師の提案で吸入したりしてゆくうちに喉の違和感もかなり改善したのでした。



歳をとってくるとどんなに健康に気を付けても癌や今回の私の難病のように、個人の力ではどうしようもない疾患に見舞われることが有ります。


そういうことを覚悟しながら生きて行くしかないですね。



それにしても医学の進歩が素晴らしい。

丸一日の安静から術後3日目にはもう歩いてトイレに行けるんですからね。

昔だったら何もわからず脳出血して死んでますわ。


脳卒中で死亡


ってことになったんでしょう。

優秀な病院スタッフと医療機器の発達で本当に救われました。


今迄毎年ずっと払ってきた保険料の数分の一しか医療費がかかっておらず、

ずいぶんと自分は保険財政に貢献してるじゃん、

とか思ってましたが、前回と今回でずいぶん取り戻したわ、って感じです。



そういう問題じゃないですね(笑)








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お帰りなさい。

うーん。なかなか難しいですね。でもこうして近況報告を見ることができて安心しました。呼吸ができない苦しさを想像してこっちまで息切れしました。
お大事になさってください。

ところで私ブログを閉鎖することにしましたので、お手数ですがリンクをはずしてください。とんぼさんにメールも送ったのですが、FBを始めましたのでよろしくお願いします。
にいな
2017/04/19 09:57
開頭手術と聞いた時にはパニック寸前でした!でも結果がすべて。
ひと安心ですね(^_^)
ドラ大
2017/05/25 07:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
再手術 とんぼのひま人ダイヤリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる