とんぼのひま人ダイヤリー

アクセスカウンタ

zoom RSS Make America Great Again

<<   作成日時 : 2017/01/24 14:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

トランプ大統領の就任演説は「格調」という表現がどこを探しても見当たりませんでしたな。

さすがにウ就任演説は気合を入れてくるかと思ったのですが、彼の頭の中には「歴史に残る演説」などという言葉はつゆほども浮かばないのでしょう。


言い方は悪いけど、テキサスの田舎もんやまともに高校すらも出ていない低学歴低収入の国民に受けることだけを対象にしたのでしょう。


まあアメリカと言うのは8割がたは馬鹿で、ほんの一握りのスーパーエリートが引っ張って行っている国ですから仕方ありません。

おっと、これは僕が言ったんでは無く、大学の大先輩の九大教授がアメリカで客員教授をしていた時に痛感した、とおっしゃっていた言葉ですから追及しないでね。

(だれもしないって!)



それにしても米国ってのはつくづく身勝手な国です。



グローバルスタンダードなる「米国」スタンダードを世界中にふりまき、結果収入格差が天文学的なものとなり、(こりゃやばい)となると今度は保護主義ですか。


今更保護主義にしてBye america!」

つったって、世界中から完成品を輸入し、財政が赤字になろうが勝手化って買いまくって浪費してきた結果、製造業は無くなってしまってる今、んじゃ工場をアメリカに戻してアメリカで生産するぞ、と言ってそれが可能ですか?って話です。




みなさんボご存じのとおり、日米自動車摩擦ってのが過去に有りましたよね。

あの時は日本が譲歩して、アメリカ車の輸入については日本は関税をかけませんが、日本からアメリカへの輸出については2.5%、特にアメ車の得意分野のピックアップトラックについては何と25%の関税をかけるという過剰にアメリカ優位の条件で決着したのでした。


あと幾分かはアメリカの自動車売りましょってことになり、泣く泣くトヨタが米国製の「ネオン」って名の一応「ジャパンキラー」というコンパクトカーを得るようにしたのですが、何しろぶっさいくな車でだーれも買いませんでしたが。



結果はどうなったでしょう。

日本のメーカーは先行していたホンダに続いて他社も続々とアメリカに進出、アメリカでの生産を拡大させました。

日本式の製造管理でアメリカ産日本車の販売は好調に推移し、当然同じように進出していたドイツメーカーも好調、その陰でせっかく下駄を履かせてもらった米国三大自動車メーカーは衰退。

GMは倒産寸前にアメリカ政府によって助けられ、クライスラーはイタリアのフィアットのグループに入り独立系はフォードだけになってしまいました。


アメリカの経営管理は日本企業のようにホワイトカラーと向上労働者とが一緒になって良い製品を作ろうと努力することはありません。

有能な工場労働者がホワイトカラーになることはありませんし、その逆も有りません。

両者はずっと交わることが無いのです。

勢いホワイトカラーは自動車製造のことには無関心。同時に工場労働者は企業の儲けには無関心。


また多民族国家と言うことも有り、生産現場ではマニュアルも読めない、英語すらもおぼつかない労働者もいます。

したがって製品の品質のばらつきも多く発生します。

つまりは労働者の質が日本などと比べて著しく低いのです。

トランプがどんなに吠えたところでこの現状は一朝一夕では改善しません。



もし彼が言うように輸入品に高関税をかけると、消費財全般について高価格のものを購入せざるを得なくなり、アメリカ国民はあっという間に疲弊するでしょう。



勿論僕は以前からグローバリゼーションには懐疑的でした。

(嘘じゃありませんよ。小泉政権時代にこのブログに書いてますのでww)

簡単に言うと、先進国へ発展途上国からの貧困の輸出がはじまり、一方先進国のグローバル企業およびその経営者たちには莫大な富が集まり、先進国内で貧富の差が拡大し社会不安が広がるからです。


日本もグローバリゼーションン信奉者の単細胞の某学者が小泉政権で活躍し、結果他国ほどではありませんが不景気とも相まって貧富の差を拡大させましたね。

新大統領にはぜひ落ち着いて周りの意見をよく聞き、世界経済を混乱させないようにじっくりと方向転換を果たしてほしいものです。


衰えたとは言え、何といっても世界一の超大国なのですから。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、グローバリゼーションで、誰が幸せになるんだろうって、昔よく話をしましたよね。
アメリカのトヨタやホンダの工場労働者は優秀だと思いますよw。日本に輸入される米国車に関税なんかほとんどかかってないでしょ?いい製品がないから売れない。ドイツ車は売れてますし。トランプは言ってることが周回遅れ。

彼に大統領が務まると思っている人の多さに絶望します。まあ、総得票数では負けているので、半分の人は絶望してるから、まだ希望もありますかねw。ヒラリーは嫌いですが、でも物事には限度があると思います。このおじさんは素人ですし(軍歴も知事経験もあるレーガンとは比較にならない)、周りや共和党が彼を助けないとだめですが、閣僚も利害の衝突疑惑の大金持ちばっかりやんw。実は、政権をウォール街へ取り戻したんじゃないですか(爆)。
かかし
2017/01/26 13:25
閣僚見てみたら、結局エリートばっかし。しかもやっぱしゴールドマンサックスかい!って感じで結局トランプの言ってることと正反対のメンバー選んでるしね。
とんぼ
2017/01/26 13:28
そうなんでしょ。ある金持ちから別の金持ちへ〜言う感じですわw。
かかし
2017/01/26 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
Make America Great Again とんぼのひま人ダイヤリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる