とんぼのひま人ダイヤリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈍行の旅 熊本編

<<   作成日時 : 2016/10/28 11:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

土日に一泊二日でJR九州「旅名人切符」を使っての普通列車の旅に出ました。


今回はまだ潰していなかった路線である、熊本駅と天草は三角(みすみ)駅を結ぶ「三角線」

と、日本三大急流の一つである球磨川の上流の人吉駅とさらに上流の湯前駅を結んでいる

「くま川鉄道」に乗ることが目的でした。


あいにくのお天気で、土曜日も日曜日も雨。


いつもならせっせと歩いて観光するのですが、今回二日目の日曜日は格安レンタカーを利用して人吉市内を観光するという旅になりました。


三角駅前です。レトロな良い感じの駅でした。

「A列車で行こう」という観光特急が走っているようですが、むろん我々は利用できません。
いつもながら昭和40年代に作られた古いディーゼルカーに乗って行くわけです。

天井には扇風機が回っていました。
エアコンも有りますが、後付けの無骨な代物で、列車のの歴史を感じさせるものでした。

画像


三角港が目の前。白い建物は昔からある巻貝型のフェリー乗り場です。
画像



駅前の店でツマミなどを買い込み、折り返しの列車に乗って今回は宇土駅で鹿児島本線で八代へ向かいます。
画像

熊本はどこでも「くまもん」だらけ(笑)

八代から人吉へは「肥薩線」で向かいます。
これも超古いディーゼルカーで、鹿児島本線の最新型の車両とは大違いです。

人吉駅到着  (雨と、米軍御用達の頑丈なスマホ保護ケースのせいで写真が不鮮明で申し訳ありません。)
画像


到着後すぐに「くま川鉄道」に乗り込みます。

この列車がとてもキュート。
本来なら観光列車として片道690円の料金に300円の追加料金が必要なようですが、通常時は通勤通学列車として運行されているので追加料金は発生しませんでした。

JR九州の路線ではありませんが我々の「旅名人切符」はそのまま使えます。
画像


車両は田園「シンフォニー」と名付けられ、春夏秋冬の四色が有るようです。
美しい車両はどうぞこのサイトでご覧ください。
http://denen-s.wixsite.com/top-page

我々の乗った列車はこれ。

画像


インテリアもとてもユニークです。
画像


見えにくいですが、一番前には、前方の景色が見られるよう子供用に小さな椅子が二脚備えられています。
画像


放課後の高校生たちがぞろぞろ乗り込んできます。
ユニークな観光列車も彼らにとっては日常の足。
(女子高生たちの中にブスは一人もいませんでした(*^。^*)最近はみな小顔でかわいいですね。)

画像




湯前に到着後、また折り返し列車でそのまま人吉へ
画像

(このおっさんが相棒で、高校時代からの親友。HNはドラム大好きの「ドラ大」君です。)




人吉に到着後ホテルへ。
基本結婚式場で、ついでにホテルもやってますってとこでした。田舎やのう・・・・
画像

結婚式場だけあってロビーは上等です(^.^)




さて次の日も雨。ホテルの隣がタクシー屋兼レンタカー屋なので超便利。
さっそくかなり年季の入ったFITを借りました。

(中古車を使うので料金を安く抑えたって言うのが売りのフランチャイズのレンタカー「にこにこレンタカー」なので、6時間で保険も入れて3500円です。

球磨焼酎の蔵見学や、人吉城跡、ゆうれい寺などを見学しお昼過ぎに人吉駅へ。

その後同じくJR九州の観光列車であるSLのデモなどを見て帰途につきました。

画像


球磨川は本当に美しいですよ。一度機会が有ったらお越しください。

ド田舎で列車は空気を運んでいるようなもので、JR九州も大ヒットした「ななつ星」など、多くの観光列車を企画するなど本当にがんばってますが、経営は大変。

それでも不採算路線は企業努力で廃線にはしないという方針ですが、この度の上場で名実ともに民間企業になりましたので、どうなるかわかりません。

どうか、街と街を結ぶ鉄道だけは残してもらいたいと切に願っています。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のんびり列車旅行いいですね。
風情があるなあ・・・

ドラ大さん若い〜
全然おっさんじゃな〜い

球磨郡は父の故郷です。
一度グーグルストリートビューで
父の実家付近を検索したら、
川と山以外何もなくて、かなり衝撃でした。

こんな山中に人が住んでいたのかと・・・
にいな
2016/10/29 12:54
にいなさん。そうだったんですか。
本当に美しいとこですが・・・・住むのは勘弁、って思いますよね(*^。^*)
とんぼ
2016/10/29 14:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈍行の旅 熊本編 とんぼのひま人ダイヤリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる