とんぼのひま人ダイヤリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 負け続ける日本

<<   作成日時 : 2016/10/21 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

日本の外務省は日本の省庁の中でもプライドだけは高いがもっとも能力の劣る省庁だと言われています。

戦後一貫して・・・というより戦前からそうなのです。

明治以来日清日露、第一地世界大戦までは貧乏な国家にもかかわらず小村寿太郎のような卓越した官僚も存在しました。

しかし現在、どんなに考えても名外務官僚と言われる人の名前が浮かんできません。


戦うことをしないお公家さん集団、というのが日本の外務官僚です。

もちろんそれを許してきたのは我が国の歴代政府なのですが。


今日もコピペで失礼しますが、あまりに納得させられる記事でしたので・・・


少々長いですが、あっという間に呼んでしまう内容ですので、我慢して読んでみてください。



地獄への道は…】
From 上島嘉郎@ジャーナリスト(『正論』元編集長)


日本政府は現在、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対する
今年の分担金や任意拠出金など計約44億円の支払いを留保しています。

ユネスコに求めている「世界の記憶(記憶遺産)」登録制度の
改善が進むまで支払いの留保を継続する方針で、
菅義偉官房長官も10月14日の記者会見で
「(ユネスコの活動が)正常化されることを見ながら対応を考えたい」と述べました。

菅長官は、
「ユネスコでは昨年、私どもが全く知らない中で、
様々なことが決められていった」とも述べましたが、
これは昨年、中国が申請した「南京大虐殺文書」が
記憶遺産に登録されたことを念頭に置いての発言です。

中国側は周到に“準備”し、申請した資料の一切を日本側にも
国際諮問委員会にも開示しないまま登録にこぎつけました。

中国側の「反日」宣伝の意図は明らかですが、
ユネスコが著しく公正と中立性を欠いている現実は看過できません。


分担金の留保について、朝日新聞と毎日新聞は社説で
《節度欠く分担金の保留》(朝日、10月17日)、
《品位ある関与が必要だ》(毎日、10月20日)と日本政府を批判し、
対する産経新聞と読売新聞は、《政治利用許さぬ改革迫れ》(産経、10月18日)、
《記憶遺産の政治利用を許すな》(読売、10月19日)
と日本政府の姿勢を支持しました。


朝日は〈(記憶遺産の)審査が非公開で、
関係国に意見表明の機会がないといった
問題点を日本が指摘したまではいい〉としながら、
〈分担金と引きかえに履行を迫るような
強圧的な対応は賢明とはいえない〉と訴え、
〈そもそも記憶遺産は、
後世に残すべき資料の保存や活用を支援するもので、
正しい歴史的事実を認定する制度ではない〉と、
現実には政治宣伝の舞台になっていることや
中国側の意図にはまったく触れず、一般論に終始しています。

毎日もほぼ同様で、〈記憶遺産の審査過程に見直すべき点はある〉、
〈日本政府が政治利用に懸念を持つのはわかる〉としながら、
〈分担金の支払いを保留すれば、国際社会での振る舞いとして品位を欠く〉
と述べます。

朝日より日本政府の立場に理解を示してはいますが、
両紙に共通するのは、あらゆる国際機関はその加盟国による政治宣伝、
情報戦の現場になっているという事実認識のなさです。


ユネスコをめぐっては直近こんなニュースもあります。
〈国連教育科学文化機関(ユネスコ)の執行委員会は18日、
イスラム教圏の7カ国が提案し、偏向しているとイスラエルが
強く抗議していた世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」の
保護に関する決議案を賛成多数で採択した。
イスラエルは14日、ユネスコとの協力を一時停止すると表明、
さらに激しい抗議も予想される。イスラエルは、
聖地がイスラム名の「ハラム・アッシャリーフ」とだけ記載され、
ユダヤ名の「神殿の丘」が表記されなかったことなどを問題視した。(パリ 共同)〉


自国の名誉が損なわれることを見過ごし、
利益を棚上げしてまで国際機関に“奉仕”する国はありません。


ユネスコの分担金は、パレスチナ加盟に反発する米国(分担率22%)が
2011年に凍結して以後、日本が最も多い額(分担率10.83%)を
負担してユネスコの運営を支えてきました。

中国は6番目で5.14%、韓国は上位10カ国にも入っていません。(2014年度)


朝日は〈大国のエゴへの批判が続く中、分担金が2番目に多い日本は
堅実にユネスコを支え、信頼されてきた〉と書くのですが、
信頼されてきた国ならば、なぜ事実上“騙し打ち”のような格好で
「南京大虐殺文書」が記憶遺産に登録されたのか。

残念ながら日本は「信頼されてきた」というよりも
「利用されてきた」のが現実でしょう。


朝日は社説を〈「人の心の中に平和のとりでを築く」。
そう憲章でうたったユネスコを歴史対立の「戦場」としてはならない〉
と結びましたが、一体どちらが戦場として先に、また巧妙に仕掛けてきたのか。

朝日も毎日も結局、「平和を愛する諸国民の公正と信義」を信じ、
そこに悪意や敵意はなく、あるとすればそれは日本人の心の中にこそある、
と思い込んでいるのでしょう。


筆者はここで、かつて日下公人先生が語った次のような言葉を思い出します。


〈日本の自立的変化に対し、「日本はふたたび軍国主義へと向かうのか」
などと質問してくる外国の記者がいる。そんなとき、私はこう答えるようにしている。

「それはあなたたち次第です。
日本は、相手が紳士的に振る舞う国であれば紳士的に付き合う。
もし野蛮な、理不尽なことをあまりに積み重ねてくるようならば、
こちらもそれに応じて変化する。日本の軍国主義化を心配するというのは、
あなたがたが日本に対し理不尽なことをしているという
自覚があるからではないのですか」と。〉


もう一つ、ユネスコの上部機関たる国際連合について根本的なことを書いておきます。


「国際連合」と日本語に訳されたこの組織は、
「United Nations」の名の通り第二次世界大戦の「連合国」のことで、
大戦終結の昭和20年(1945)の創設から、安保理の常任理事国の座を占める
米英仏露中の“戦勝国クラブ”を中心に
「戦後体制=戦勝国の優位」を事実上維持してきました。

国連憲章は「われら連合国の人民は〜」で始まります。
「われら人類」でもなく、「世界人類」でもありません。


連合国と戦った日本は、昭和31年(1956)12月に国連加盟後、
その分担金を米国に次いで負担してきました。
しかしながら、未だに「旧敵国」の立場に置かれています。


国連憲章の53条と107条がいわゆる旧敵国条項で、
手短に解説すると、旧敵国が加盟国の安全を脅かす行為を起こした場合、
連合国によって構成された地域的な機構が、安保理の許可がなくても
独自に旧敵国に対し強制的な行動を取ることを許可しているのが53条、
戦勝国が旧敵国に戦争の結果として結んだ協定などは
国連憲章のあらゆる規定に優越するとしているのが107条です。


国連憲章上は、今日でも「第二次大戦の結果としてとる行動」の範囲内であれば、
加盟国や地域の安全保障機構は安保理の許可がなくとも、
「旧敵国」に対し自由に制裁(武力行使)ができるということです。


問題なのは「第二次大戦の結果としてとる行動」が具体的に明示されていないこと、
事実上連合国側の恣意性に委ねられていることです。
国連分担金第2位の日本に対しこんな差別をしているのが国連の現実です。


さすがに削除すべきとの意見もあってこれまで何度か
「削除を決意」という採択がなされましたが
(たとえば1995年12月に行われた改正手続きの決議は賛成155、反対ゼロ)、
採択を批准した国数は効力発生に必要な加盟国の3分の2に全く届きません。

所詮はポーズ、戦後の国際社会を公平に運営するよりも
戦勝の果実を維持することが国連(連合国)の本音なのでしょう。


戦後の日本は敗戦国として戦勝国のつくった秩序、
ルールの中に忍従してきました。

「従わないと孤立するぞ」といわれると、慌ててそれに対応し、
そして必死に追いつき寄り添おうとしてきた。
外務省の敗北主義はここに淵源があります。


しかし、これは典型的な「劣位戦思考」です。
劣位戦思考が歴史認識にも染み込んでしまって、
いわゆる従軍慰安婦問題でも、韓国が主張するような
事実はなかったことを自ら認識しながら、
「それを主張しても世界に通用しない」と、
肝心の議論を棚上げして日本非難を繰り返す相手に寄り添おうとしてきました。


そして、一方的に和解を乞うてその都度裏切られてきたわけです。
こんな惨めなことはないと思うのですが、
逆に自分は誠実なのだと陶酔しているのが、
朝日新聞や毎日新聞、その賛同者たちでしょう。


「地獄への道は善意という名の絨毯で敷き詰められている」とは、
サミュエル・ジョンソンの言葉でしたかね。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とんぼさんの記事を読めば読むほど理不尽な扱いを受けて来た日本なんだなぁと情けないやら悔しいやら。
敗戦国だから仕方ないのか…
また日本の国の中に朝日や毎日のような日本人を腑抜けにするような記事を書くマスゴミに腹が立ちます。

戦争と言う喧嘩はしなくとも何か勝てる物はないかと考えます。
それは日本にしかない日本人の大和魂ではないかと思います。
韓国や中国のような姑息な奴に対抗するには目には見えなくても先祖代々から受け継がれている日本人の立派な心しかないと思います。
しっかり心を磨いて汚れた奴らを跳ね返したいです!
きなけ
2016/10/24 23:02
前のニックネームがきなけになってました(^_^;)
きなこ
2016/10/24 23:05
きなけさん・・・違うわ。
きなこさん(^.^)こんにちは。


無謀な戦争でしたが、あの戦争をもし回避していたらアメリカの植民地になっていたかもしれませんし、なにより侵略戦争では無く自衛戦争だったのです。これはあの日本を憎んだマッカーサーですらそのように証言し、おかげで彼は大統領選をフイにしたほどですから。
日本は戦争をしちゃいけない国なんですね。
それは開戦に至る経過や、軍の戦略や戦術のまずさ、古さ、日本政府の情報軽視・見通しの甘さ・意思決定メカニズムの不備など、単に軍事力の劣勢だけでは無く、あらゆる点で大国との戦争などできるレベルではありませんでした。
そして敗戦の仕方までが拙劣でした。その影響が今でも及んでいるのですね。今後ともぜったに戦争を起こさない決意で、そのための軍事的抑止力の整備と憲法改正が必要だと思います。
とんぼ
2016/10/25 12:08
私もそのように思います。

ちゃんとした歴史を知りたいけれど正しく教わる機会がないのが現実です。
教育が大事ですが学校には期待出来ないですし⤵⤵
これまた残念( ; ; )
きなこ
2016/10/25 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
負け続ける日本 とんぼのひま人ダイヤリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる