とんぼのひま人ダイヤリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 007 と おくりびと

<<   作成日時 : 2009/07/31 13:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

ぎっくり腰をやって動けなかった日、かあちゃんに頼んで久しぶりにDVDを借りてきてもらった。

おくりびと、すんげー良かった



007の10倍よかった。

もっくんは、昔周防監督が
                「立ち姿が美しい」

とファンシーダンスの主役に選んだほど、演技をせずともその佇まいが素晴らしいということだ。

今回彼は自分が持ち込んだ企画でもあり、いつもに増して素晴らしい演技だった。

特に納棺士の仕事についてはかなり研究したらしく、本当に惚れ惚れするような所作、身のこなしであった。

勿論共演の余貴美子や山崎勉、ここ数年大作づいてる名脇役 笹野高史などの演技も素晴らしい。

ああ、広末良子もそれなりに良かった(笑)


なかでも特にすごいなあ、と思ったのは、主人公を捨て、長い間音信不通であった主人公の父親が亡くなり、遺体の引取りの依頼が寄せられたとき「なにをいまさら」、と怒り戸惑う彼に、「迎えに行ってやれ」と説得する事務員役を演じる余貴美子。

この人の迫真の演技には恐れ入った。

主人公が納棺士の仕事の営業用ビデオの、死体のモデルとなるシーンが有り、そこは暗めの映画の中の数少ない笑えるシーンなんだけど、このシーンはまったく必要性を感じなかった。

公開時、追加公開までされたロードショーだったのに、観に行きそびれた映画だったけど、やはりもっくんに敬意を表して映画館で観るべきだったなと、思った。

それに比べて007。

なんだかなあ。

アクロバットのような活劇シーンは前作よりも大げさになってて、はっきり行って食傷した。

これならもっと地味なミステリー作品のほうがよっぽどいい。

イギリス映画が「ハリウッドSFX娯楽超大作」になってどうするよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「納棺夫日記」を呼んだ人の感想07/17〜08/16
おじゃまします^^「 納棺夫日記 」について書いていらっしゃるブログにおじゃましてます!よければ遊びに来てください! ...続きを見る
納棺夫日記【映画「おくりびと」】の感想・...
2009/08/16 15:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
もっくんがこの映画を思いついたきっかけである、「納棺夫日記」もいいですよ。是非ご一読を。映画にも原作者として名前を入れてと、もっくんからお願いしたのを、企画は原作とは違うし、きっかけになっただけだからと辞退されたらしいです。でも、映画のことはずっともっくんから話を聞かされていたみたいで、自分の本とは違うけれども、とてもすばらしくできていて、感動したとどっかで書いておられました。この本を読んで、敬虔な無神論者の私もちょっとその「光」を信じたいなと思いました。

ダニエル・クレイグは大好きな俳優なので、007は観ません(笑)。はよ、辞めて欲しいです。
かかし
2009/08/02 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
007 と おくりびと とんぼのひま人ダイヤリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる